鎮痛剤のつかいかた

錠剤

効果的な使用法

生理痛は、生理に伴い起こる、主に下腹痛を指しています。排卵後に、黄体ホルモンの分泌量が増えることで、赤ちゃんのベッドとなる、子宮内膜が増殖します。毎月排卵の度に、妊娠しなかった場合、月経血として、剥がれ落ち生理となります。黄体ホルモンは、子宮内膜を成熟させる他に、プロスタグランジンという物質も多く出し、これが痛みの原因物質とも言われています。この、プロスタグランジンの量が減る、痛み止めを飲むことで、痛みを緩和することができます。プロスタグランジンには、イブプロフェンの成分の入った鎮痛剤が効果があります。逆に、あまり効果の無いものとしては、アスピリン、アセトアミノフェンの成分の入った鎮痛剤です。市販薬でも、生理痛の薬は、何種類もあり、病院で出される薬と変わらない成分の物も多いです。市販薬でも問題なく、どれが一番良いかと言うのは、ご自分で使ってみて、効くものを見つけるといいと思います。また、生理痛を我慢してひどくなってから内服するよりは、痛みを感じ始めてすぐに内服したほうが、鎮痛剤の効果は高いです。痛み止めがクセになり、効かなくなるから、ギリギリまで我慢して使うというのは、かえって痛みの物質を多く出して、鎮痛剤を効かなくしてしまいます。鎮痛剤は、飲むタイミングも大事です。他に、生理痛の緩和で用いられるものにピルがあります。頓服で内服する、痛み止めと違い、毎日決まった時間に一度薬を飲む必要があります。これは、経口避妊薬として使われる薬で、排卵を防ぐことで、避妊をする薬です。この排卵をさせないことで、先に述べた排卵後の黄体ホルモンの分泌を抑え、結果、痛みの物質プロスタグランジンも抑えることができ、生理痛も緩和できるのです。これらの薬を使い、痛みと上手につき合い、生活していくことが可能です。