生理の辛い症状を改善

レディ

痛いのは我慢しないで

女性特有の生理。頭痛、腹痛など生理がくるたび憂鬱な気分になるものです。しかし子どもを産む女性にはなくてはならないものです。1ヶ月に1度、女性の身体は卵巣から卵子を排出します。子宮では子宮内膜が厚くなり、受精卵をむかえる準備をします。しかし受精しなかった場合、子宮内膜がはがれて身体の外に排出されます。これが生理となります。生理で1番多い悩みとしては生理痛が上げられます。生理痛の大きな要因はプロスタグランジンというホルモン物質です。子宮を収縮させ、子宮への血流を減少させ、痛みを引き起こします。腹部に締め付けるような痛みが続き、だいたい生理が始まると同時に引き起こされ、1日ほどでなくなります。生理痛の薬には効き目が弱いアセトアミノフェン系、中のイブプロフェン系、アスピリン系、ロキソニンなどの強い鎮痛薬があります。薬に頼りすぎると効かなくなると言われることもありますが、用法と用量を守れば効かなくなるということはありません。もちろん薬なので副作用はあります。しかし痛みを我慢すると別の痛みを引き起こしたり、普段の日常生活が送れなくなることから痛みを感じたら薬の服用をすすめているようです。我慢できないほどの痛みや前より痛みが続くような場合は必ず病院に行くようにしてください。現在では小学生から飲める薬や生理痛だけに特化した薬など様々な種類があるので、自分に合った薬を選び、痛みに対処することが大切になります。